HOME>ホットトピックス>取り扱いがしやすいデジタルデータを望むなら

苦労せずにデジタルデータに

会社ではできる限りデジタルデータを使いたいと考えているのなら、紙の文書は電子化してしまうのがよいでしょう。現在では、紙の文書をスキャンしてデジタルデータに変えてくれる業者がいくつもあるので、契約をして渡すだけでお望みの状態にしてくれます。自身たちが手作業で行うのとではスピードが違うので、電子化に苦労せずにビジネスで使えるようにしたいなら利用を考えましょう。

処分も可能

紙の文書を電子化してくれる業者の大きなメリットは、しっかりとした処分も行ってくれることです。大量の紙の束を捨てるのはセキュリティを考えると難しいので、業者に頼んで情報が外に漏れないよう安全に処分してもらいましょう。

サイズによって異なる料金

電子化してもらうときの料金は、一律ではなく紙の文書のサイズによって異なってきます。サイズが小さいのなら1枚5円程度の場合もありますし、大きなサイズならば100円を超えてしまう場合もあるので依頼するときはきちんと確認しましょう。

正式な料金は見積もりで

見積もりをして欲しいと業者に伝えれば、どのくらいで紙の文書を電子化してもらえるのか教えてもらうことができます。しっかりと見積もってもらえば正式な料金がでるので、安心して電子化を業者に頼めるようになるでしょう。

広告募集中